植田真紗美

Masami Ueda

 

東京都出身

新聞系出版社写真部,東京都広報写真を経て独立。日本写真芸術専門学校講師。

2013年より写真作品の発表場として写真誌『WOMB』を制作・発行。

2021年東京恵比寿にKomagalleryを写真家9名と共同設立。

<受賞歴>
2012年 第1回キヤノンフォトグラファーズセッション /最優秀賞 受賞

2018年 第19回写真 「1_WALL」/ファイナリスト

<出版歴>
2021年『海へ』(trace)
2013年『WOMB vol.1』~ 2021年 『WOMB vol.11』以後続刊

個展

2009年 「可視光線」百年

2013年 「海へ」TOTEM POLE PHOTO GALLERY

2015年 「海へ」百年

2021年 「海へ」Koma gallery

2022年 「Re」Koma gallery

グループ展

2012年 「第1回キヤノンフォトグラファーズセッション-キヤノン賞受賞作品展」

    キヤノンギャラリー銀座

2012年 「第1回キヤノンフォトグラファーズセッション-ファイナリスト展」

    キヤノンオープンギャラリー品川

2018年    第19回写真「1_WALL」展 ガーディアン・ガーデン

2021年 「Koma galleryオープニング展」Koma gallery

2021年 「WOMB 真実とフェイク」京都写真美術館

2021年 「WOMB 真実とフェイク」百年

                                                                                     他多数

  • Instagram

Masami Ueda

 

Born in Tokyo. Masami graduated from Nippon Photography Institute and Tamagawa University. After working for a news publisher and Tokyo Prefecture PR department, she went freelance as a photographer.

She won the Grand Prix (Cannon Award) at the First Cannon Photographers’ Session and was a finalist in the 19th “1_WALL” Photography Competition. She has contributed her artistic work to photo magazine WOMB since setting it up in 2013.

In 2021, she founded Komagallery with 8 fellow photographers in Ebisu, Tokyo.